「薫風のスイス 1  南スイス」
ペンテコステの休みを利用して、Ticino州にキャンプに行きました。BrigからSimplon峠を越えて、イタリア経由でMaggiore湖を渡り、Locarnoの近くでテントを張りました。とてもいい天気でした。

5月22日    突然キャンプです。
 
金曜日の夜、知り合いの家族と夕食を共にした時に、週末にキャンプに行こうということになりました。土曜日は天気が悪そうなのと、準備もしないといけないので、日曜日の朝でかけるということで、場所をいろいろ相談した結果、たぶん天気が良くて暖かいだろうということと、知り合いの奥さんと私が行ってみたい場所だからってことで、ティチーノ州まで出かけることになりました。

Simplon峠22日朝、前日までの天気が信じられないほどの快晴。日頃の行ないがいいのでしょう。待ち合せはNyonの近くの高速のパーキング。お相手の車がBMWで私たちのは古い古い OPEL(4速チョーク付)なので、性能の差を考慮して、まずは ValaisからSimplon峠に向かう分岐点のBrigのそばの少し山に登ったところにあるパーキングで待ち合わせすることにしました。

天気がいいとはいっても、アルプスの上には所々雲があって、きれいな姿をなかなか見せてはくれません。それでも久しぶりのレマン湖や谷の風景に魅せられながらドライブを楽しみました。待ち合わせ場所には10分ほどの遅れで到着。少し早いけれど場所もいいので近くのピクニックテーブルで昼食にしました。

結構のんびりとお昼を過ごし、子どもたちは水場で大はしゃぎ。お相手の家族もうちと同じ学年・性別の子どもたちがいて、4人そろうと大騒ぎです。さて、ここからは山道なので並んで走ることにしました。

山を登るにつれて、だんだん空気が冷たくなるのがわかります。すぐそばに氷河を抱いた白い山が見えては隠れ、やがて下り坂に。白い山を背にだんだん谷に入り、イタリアとの国境を越えました。Domodossolaという町を通過して、Intraという町を目指します。そこからフェリーでmaggiore湖を渡ってLugano方面に行くつもりです。

IntraLavenoところで、イタリアのお金を持っていません。のんきな私たちは、どうせ国境近くなのだからスイスフランを使えるよってお気楽に構えていました。そして本当にフェリー代はスイスフランで大丈夫でした。Intraから対岸の Lavenoまでは約20分の船旅です。Maggiore湖は細長い湖なので、まるで雰囲気は瀬戸内海。潮の香りがしないのが不思議。

フェリーは、日本のものを考えるとほんとにいいの?ってくらいお気楽な船。みんな車に乗ったまま乗船。車はそのまま停めておくだけ。乗降口は船が動いている間はロープが張られているだけ。みなさんお好きなところに立ったり座ったりして船の旅を楽しみます。足を滑らしたらそのまま湖に落ちそうで、私はしばらく子どもたちから目が離せませんでした。Melide

Lavenaからは湖に沿って少し走り、丘を登ってスイス国境を越え、Lugano湖に出ました。途中キャンプ場がいくつかあるのを確かめてMelideにあるSwissminiatureに行きました。ここは、 14000平方メートルの敷地内に25分の1の大きさのスイスの有名なお城や教会、農家、村の広場、鉄道、港などが展示されていて、電車や車、船が動いています。すべてとても精密に作られていて不思議な光景です。

子どもたちは、園内に入ったところでマスコットからプレゼントをもらい、その中にあったバッジをそれぞれつけてご満悦。コインが3枚入っていたのは、園内を走るミニ鉄道やミニボート、ミニカーなどに使えるコインで、ミニボートとショベルカー(砂をすくって遊ぶ)が人気でした。

ミニチュアのお城の中でも特に魅かれたのがBellinzonaの3つのお城でした。とても雄大で、不思議な雰囲気のそのお城がTicino州にあるということがわかって、明日の予定が出来上がりました。そして、明日移動をたやすくするために、今日は Locarnoのそばに行ってTicino川下流でキャンプしようということになりました。

祭日の連休はどこも人でいっぱい、車でいっぱいでした。キャンプ場もとても混んでいてなかなか場所を確保できませんでした。夕ご飯を食べ終わる頃には、夏時間の夕日もすでに沈んでいました。Ticinoが暖かいところだと実感したのは、夜になっても半そでシャツでも寒さを感じなかった時でした。


 
5月25日    Bellinzona

朝は6時前に鳥の鳴き声で目が覚めました。それはそれはうるさいくらいに鳥が鳴くのです。私は夢の中で頭の上に産み付けられたたくさんの卵が孵って、そこら中でひなが鳴いている夢を見ました。気持ちがいいのを通り越してうるさかった。(;_;)

のんびりと朝を過ごして、片づけて出発したのはもう10時近くになっていました。それでもキャンプ場の中ではまだまだたくさんの人たちが思い思いの時間を過ごしていました。キャンプ場の受付の人の話では、ドイツ方面から沢山の人が来ているとか。だから、帰りは高速で北に行かないほうがいいと言われました。もっとも、北に走ってもまだフルカ峠は通れないので、四森州湖からルツェルンを通ってジュネーブまで帰るのは、ちょっとあまりに無謀なので、道が混まないとしても遠慮したいですが。

さて、Bellinzonaに向けて出発です。が、早速高速に向かう道が混んでいるので、Ticino川の北側の道を走って行きました。古い石造りの家がたくさん残っていて、ちょっとタイムスリップした気分になる道でした。

最初にMontebello城に行こうとしたら、道を間違えて、Sasso Corbaro城に行ってしまいました。でも、山の上から町を見下ろして気持ちいいし、結果的にはいい道順だったようです。お城は石で作られた要塞で、壁には所々小さな覗き穴があり、あそこから鉄砲や弓矢を使って敵を倒していたのかな、と少し背中が寒くなりました。

城壁は2重になっていて、中にはレストランととても小さな教会があり、民族工芸伝統館がありました。普段月曜日は閉城とガイドブックには載ってますが、祭日のせいか開いていました。外から見ると真四角の、とても小さなお城でした。

Montebello城そこから車で数分下るとMontebello城に着きました。ここも城壁は2重になっていて、中にはどこから入るのかわからないけれど教会とわかるところがあり、また中心部は博物館になっていて古代ローマ時代よりもっと前からの化石などが展示されていました。お城の中心にはかつて台所だったと思われる井戸と水を流すらしいところがあり、一番安全な場所で食事を作っていたのかな、と想像しました。博物館は塔を上るように展示されていて登りきると、そこからBellinzonaの町が一望できました。
Montebello城2
城壁には登ることができますが、子どもは手をつないでの看板があり、確かにちょっと怖いくらい高くて狭く、下に近づく敵を上からやっつけるための穴が壁にそって作られていて、ここからお湯でもかけたのかなぁなんて言ったりしながら見学しました。そうそう、城壁の途中に昔のトイレがあり、そこを覗くと敵が下にいたらかぶってしまうような作りになっていました。武器は弓矢や鉄砲ばかりではないのですね。

photo-mbello3城壁と城壁の間には緑の草が広がっていて、ちょっと気持ちがいいです。戦のない時にはここで兵士たちもくつろいだのでしょうか。。。
photo-grande
ちょっとのんびり見学しすぎて、気がつけばお昼をずいぶんと回っていました。お城の外に出ると、ちょっとした児童公園のようなところがあったので、そこで昼食にしました。1時間ばかり休憩して、Grande城をどうするかということになり、時間も遅くなったし、全景を城壁の上から見えたので結構満足してるし、ということで寄らずに帰ることにしました。ちょっともったいないけど。それから、すぐ下に見えた教会にも行ってみたかったけど。やっぱり1泊2日でジュネーブから来るところではないと改めて思いました。

さて、帰路は車の性能を考えて、ここからは各自好きな帰路を辿ることにしました。彼らはMaggiore湖畔を走りたそうに言っていましたが、私たちは Locarnoから低い山越えをしてイタリアに入り、Domodossolaから来た時と同じ道を走ることにしました。

Locarno からPonte Brollaを通り、鉄道にそって走る道は、思った以上にきれいな所で、とても目を楽しませてくれました。イタリアに入ると、巡礼地なのか、とても大きな教会があり、たくさんの人があふれている町がありました。そして国境を抜け峠に向かって登り道をひた走り、昨日よりもいい天気のアルプスに出会うことができました。

帰りは連れのない気軽さで、景色のいいところで車を停めて堪能しながら、のんびりと帰りました。Brigで少し混んでいたものの、あとは特に渋滞もなく車を走らせることができました。 Matignyのパーキングの湖のほとりで夕食を食べていると、突然の夕立ち。あわてて車に駆け込みました。でも、それは通り雨のような感じで、St.Mauriceあたりでは雨も上がり、夕焼けに染まるレマン湖はとてもきれいです。

家に着いたのは夜の10時をまわった頃。空には不気味に白い入道雲とその向こうでは雷雲が時々白く光っていました。

   
piyomail もしも気が向いたらメールください。
line
つばめ成長記お花たちの部屋旅日記
スイスワインリンク集